肩こりこり

肩こりこり

頭痛の原因は「肩こり」だった

あなたは偏頭痛に悩まされていませんか?もしかしたら、それは偏頭痛ではなくて「肩こりが原因の頭痛」かもしれません。デスクワークや細かな作業を伴う仕事をしている人は、慢性的に肩がこっており、もう自分でも自覚できないくらいこっているケースがあります。肩がこるということは、肩の筋肉がこわばってしまうということです。その緊張が頭を支える首に伝わり、頭が痛くなってしまうのです。あなたの肩こりが「気がついたら痛くなっている」「頭の後ろから両側面にかけて痛い」「頭を締め付けるような、または押されているような痛み」であるならば、それは肩こりが原因の頭痛である可能性があります。この痛みから解放されるためには、湿布薬やマッサージ店で施術をしてもらうのもいいかもしれませんが、まずは自身でできるストレッチを毎日することが大切です。手を体の後ろで組み、手の上下を返すようにひねり、肩甲骨を意識してぐいっと後ろにひきます。さらに、今度は手を上に上げて大きく伸びをし、両腕を後ろに回すようにして体の側面に下ろします。このときも肩甲骨を意識すると効果的です。移動中、仕事の合間、夜寝る前、いつでも結構です。これをやるだけで、あなたは忌まわしい頭痛から解放されるでしょう。

肩こりは肩だけ揉んでも治らない

肩こりと言うと、一昔前は年配の方特有の症状のように思われがちでしたが、現在ではパソコンワークの増大などが原因で、若い方の中にもその症状に悩まされている方が増え続けています。これは同じ姿勢を取り続ける事により血行が悪くなり、筋肉が凝り固まってしまうことが主な原因ですが、眼精疲労などから来ることもあります。肩こりが悪化すると、肩の筋肉が盛り上がり、見た目も美しくありませんし、辛い頭痛を引き起こすこともあります。肩が凝ったら、その凝っている部分だけマッサージして揉みほぐせば治ると思っている人も多いかと思いますが、それは大きな間違いです。肩の筋肉は僧帽筋と言って、首から肩、背中の肩甲骨の周りまでつながっている大きな筋肉の一部なので、凝っている所をピンポイントでほぐしても、他の部分が凝り固まったままだと、すぐに元に戻ってしまうのです。ですから、凝ってしまった時はもちろん、あらかじめ防止する為にも、首、肩、肩甲骨周りの筋肉を意識的に動かすストレッチを1セットとして、一日の空いた時間にこまめに行うことをお勧めします。また、ゆっくりと温かいお風呂に浸かり、全身の血行を良くすることも効果的です。入浴により血行を良くすることは、眼精疲労からくる肩こりにも効果的です。

おすすめWEBサイト 5選

都城市 中古住宅

中国語教室に神田で入会する

千葉のリフォームなら

最終更新日:2018/6/5

『肩こり』 最新ツイート

@amatimesale

ノートパソコン スタンド EURPMASK【猫背&肩こり&腰痛対策】放熱設計 角度調整可能コンパクト 軽量 頑丈 ラップトップスタンド 折り畳み式 収納便利タブレットiPad/NEC LAVIE/DELL Inspiron/Mac… https://t.co/2utkIU9cjT

1分前 - 2018年09月22日


@oneisan0p1_bot

う~ん。肩こり解消運動、してみようかな……?

2分前 - 2018年09月22日



PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 肩こりこり ALL RIGHT RESERVED